エクラシャルムは「クレーターも薄くなるの?」徹底的に調べてみた。

エクラシャルムは「クレーターも薄くなるの?」徹底的に調べてみた。

エクラシャルムといえば

  • スキンケアをしながらニキビケアもできる
  • 無添加で肌にやさしく
  • オールインワンでコスパも良い

など芸能人でも多くの愛用者がいると今人気のオールインワンスキンケア商品です。

 

 

そんなエクラシャルムはニキビ跡にも効果が期待できると言われてますが

 

クレータータイプと言われるニキビ跡にも効果は期待できるでしょうか??

 

この記事ではエクラシャルムクレーターにも効果が期待できるのか??を徹底的に調べていきたいと思います。

 

 

ニキビ跡がクレーターとなる原因とは

ニキビ跡のひとつであるクレーターは、ニキビを潰したときの陥没やニキビの炎症により、皮膚が損傷することが原因で発生するものです。
皮膚は外側から順に表皮層・真皮層・脂肪層と、主に3つの層からできています。炎症の際に肌の奥深くにある真皮層・脂肪層まで損傷してしまうと、クレーター状のニキビ跡になるのです。

 

ただし、ニキビは必ずクレーターになるとは限りません。ニキビの炎症具合や肌質によって変わります。
ニキビの炎症は「アクネ菌」と呼ばれる細菌によって発生しますが、クレーター状にニキビ跡が変化する原因はアクネ菌ではありません。身体を守る「白血球」が関わっています。

 

アクネ菌を殺菌する免疫反応で白血球がアクネ菌を攻撃、その時発生する活性酸素が周辺の皮膚を傷付けてしまうのです。
その損傷が大きくなり、真皮層が活性酸素によってダメージを受けることで、コラーゲン繊維が傷ついて真皮が委縮。瘢痕が形成され、凸凹したクレーター状のニキビ跡が生まれます。

 

引用元/ニキビ跡治療クリニックの選び方/URL:http://www.nikibiato-clinic.com/type/crater.html

 

クレータータイプのニキビ跡は「あかみのあるニキビ跡」「色素沈着タイプ(黒ずみ)ニキビ跡」に比べると非常に治りづらいと言われています。

 

セルフケアでの改善は難しいとされ特に短期間で改善することは最も難しくセルフケアで対処したい方は徹底的な保湿ケア、肌のバリや機能の整え、ターンオーバーを促す事で少しづづ改善していく可能性があると言われています。

 

エクラシャルムはクレータータイプのニキビ跡に効果が期待できる?

エクラシャルム成分一覧/有効成分:グリチルリチン酸ジカリウム、トラネキサム酸/その他の成分:精製水、1,3−ブチレングリコール、濃グリセリン、トリメチルグリシン、ポリエチレングリコール20000、水素添加大豆リン脂質、メドウフォーム油、海藻エキス、L−アルギニン、カルボキシビニルポリマー、フェノキシエタノール、ジペンタエリトリット脂肪酸エステル、ホホバ油、キサンタンガム、d−δ−トコフェロール、セージエキス、クワエキス、サクラ葉抽出液、酵母エキス、ローズヒップ油、メリッサエキス、ダイズエキス、ユキノシタエキス、ハチミツ、ローズマリーエキス、コラーゲン・トリペプチド F、アーティチョークエキス、ウメ果実エキス、カムカムエキス、タイムエキス、サンザシエキス、タイソウエキス、グレープフルーツエキス、リンゴエキス、ヒアルロン酸ナトリウム、トレハロース、プルーン酵素分解物、ライム果汁、オレンジ果汁、レモン果汁、香料

 

エクラシャルムの成分内容を調べた結果、コラーゲン・トリペプチド F、セージエキスなどセルフケアに必要な保湿力やターンオーバーを促す効果が期待できる成分はしつかりと配合されていました。

 

ですが、クレータータイプのニキビ跡を薄くしたいという方に炊いてはエクラシャルムはオススメできません

 

長期継続して使い続けてやっと改善する可能性がある程度なら個人的には美容クリニックや皮膚科などの専門医を受診するのがオススメです。

 

クレーターほどひどくなっていなく黒ずみが気になる程度のニキビ跡にはエクラシャルムをオススメできますが、クレータータイプのニキビ跡にはエクラシャルムをオススメできないという事ですね

 

 

トップへ戻る